FX取引で便利なIFO注文とは

FXで基本となる注文方法は、成行注文や指値注文、そして逆指値注文になりますが、他にも色々なFX注文方法があります。
FXを行う上で、自動的に注文を出し、決済の注文を出す、自動売買の注文方法を知っておくに越したことはありません。
FXの自動売買の注文方法としては、OCO注文やIFD注文が知られていますが、この2つを組み合わせたIFO注文というものがあります。
IFO注文の大きな特徴は、3つの注文を出し、2つの決済注文を行うことができるところにあります。
OCO注文とIFD注文の特徴をそのまま取り入れているところが、最大の魅力ともいえるでしょう。
IFO注文を使用すれば、新しくポジションを確保することができ、更に、利益確定の指値注文を入れることができます。
つまり、投資家はかわせ相場を予測した後に、自分の希望するポジションに、新規の注文を入れるようにします。
そして、新規注文が成立すると同時に、2つの利益確定の注文とロスカットの注文が入り、どちらか一方が成立すれば、もう1つの注文は自動的にキャンセルされるのです。
IFO注文は買いと売りの判断まで、1つの注文ですべて指定できます。
FXIFO注文