花火大会の歴史が超気になる!

みなさんは、花火大会の歴史についてご存知ですか? 爆竹のイメージがある中国で、 のろしを発展させて花火を作ったと言われています。 はっきりしたことはわかりませんが、江戸時代に花火が日本に伝わったとも言われています。

それほどの昔のことではないにしても、花火大会の歴史を知るのも面白いでしょう。 自分が見に行こうとしている花火大会が今回で何回目なのか、 どのような移り変わりがあるのかを調べてみるとおもしろいでしょう。 最近の傾向では、見物客が多くなりすぎ事故防止の観点からの変更などが多いようです。 東京で古くからあるのが隅田川の花火大会です。 川開きに合わせて花火大会が行われたそうです。 もっと詳しいことは両国花火資料館に行くといろいろ分かります。 歴史を持つ花火大会は各地にたくさんありますので、 いつも見ている花火が、ひと味違ったものに見えるかもしれません。

花火の歴史と言えば、事故の歴史とも言えます。 最近、花火工場の事故よりも、花火大会での事故が多くなったことは残念なことです。 花火は楽しむものですから、安全第一で安全に見たいですよね。