光ブロードバンドの料金は安いの?

ワイモバイルに乗り換えすることによって、携帯料金は今よりもかなり下がるとの触れ込みです。
が、本当に安くなるとは断言できないのです。
そして、パケ放題のプランがない上、他社と同じように7GBまでの制限があっておよそ6千円かかりますので、お得感を感じないこともあります。
プロバイダの金銭的負担が減るといわれて、今のプロバイダにしたのですが、失敗でした。
確かに、値段はかなりお買い得でした。
しかし、しばしばネットにつながらなくなってしまったり、回線速度が落ちてしまったりで、前のプロバイダの方が断然ストレスがなかったのです。
安易にプロバイダを乗り換えてしまったなと、後悔がやってきました。
ここ最近、光回線の業者がお年寄りの自宅を訪問し、勧誘を強引に行ったり、判断力が低下した高齢者を丸め込んで契約させるなど、光回線の契約に関わるトラブルが増えています。
こういった事態を受けて、総務省は契約から八日以内であれば解約できる光回線契約に関して2015年にもクーリングオフ制度導入の方針を明らかにしたのでした。