市販の育毛剤にはどんな種類がある?

AGA治療は保険適用がない自由診療なので治療費は100%自己負担となります。

プロペシアは医薬品なので医師の処方箋が必要なため1回の受診で3 000円程度の診察料がかかります。

その上、万有製薬の公式価格ではプロペシアが1錠250円しますから診察料と薬代の合計は、1ヶ月で1万円を超える計算になります。

ミノキシジルは育毛剤にも使われる医薬部外品なので薬剤師がいるドラッグストアなら問題なく買う事ができます。

市販の育毛剤にはミノキシジルを配送している製品もありますがこちらもプロペシアと同じくらい高価な育毛剤です。

AGA治療を安くしたいのなら育毛剤を購入するのがお勧めです。

ミノキシジルが配合された塗り薬なら薬剤師がいるドラッグストアなら処方箋なしで買う事ができます。

インターネットでミノキシジルを個人輸入する人もいるようですが品質面で不安がありますのでお勧めできません。

頭皮の血行促進がミノキシジルの育毛効果なので保険が使える医薬品で同様の効果があれば代用する事も可能です。

毎日、しっかりと睡眠をとり飲酒を控えることもAGA治療には有効です。

AGAとは男性ホルモンにより発症するものなのですが生活習慣や食生活も大きく影響しています。

人の体というものは血液の循環によって酸素や栄養が運ばていきますので健康な身体を維持するためには血流を良くすることは大切です。

髪に必要である栄養素も血流によって運ばれてきますからAGA治療をしている人はまず、血流を良くするよう心がけましょう。

ストレスなどは血管を収縮させてしまうので薄毛治療には大敵ですが喫煙も血管を収縮させる大きな要因です。

頭皮が固かったりうっ血している人は血流を改善するために頭皮マッサージや入浴などが有効です。

AGAとはどういったものかご存知ですか?AGAとは男性型脱毛症のことで成人男性に見られる頭髪が薄くなる症状のことです。

薄毛や脱毛というのは昔から男性を悩ませる種だったと見えてこれまでに数多くの育毛剤や養毛剤が作られてきました。

ここ数年でやっと医療機関による治療を受けられるようになりましたが医療費は保険が使えないため自己負担診療なのです。

医療費負担は大きいのがデメリットではありますが、医者の診断でAGA専用の治療薬を処方してもらえますから市販薬よりも症状が改善する確率はグンと高くなりました。

ただし、AGA治療とは対処療法ですから、処方薬の使用を中止すると元の薄毛状態に戻ってしまいます。

AGA治療薬として知られているプロペシアは医師に処方箋を書いてもらわなければ買う事ができません。

医薬部外品のようにドラッグストアで販売されておらず自由診療なので高価なことが難点でした。

近年、プロペシアにもジェネリック医薬品が登場し従来と同じ成分で半額以下の薬品も販売されるようになりました。

ジェネリック医薬品とは先発医薬品の発売開始から一定期間の後に開発される薬品で先発医薬品と同じ有効成分を使いますが飲みやすく改良されることもあります。

安全性や有効性は先発医薬品で認められていますから通常20~25年程度かかる開発期間が3年程度に短縮できるメリットがあります。

AGAの治療は保険適用外ですから費用は100%全額自己負担です。

日本でAGA治療が開始された当初、治療薬は万有製薬のプロペシアしかなくひと月で約1万円ほどの費用を要しました。

保険が適用されない医薬品は市販されている市販薬と同じ扱いなので価格は販売店の判断で設定することができます。

ですから、処方してもらう薬品でも価格差があり販売するお店によって、数千円の価格差があったのです。

また、処方箋をもらうためには診察を受ける必要がありますので再診料や診察料も都度発生します。

AGAを治療をする場合市販の育毛剤を使うよりも皮膚科のドクターに診てもらうことをおすすめします。

病院で処方される薬というのは医薬品なのでドラッグストアで扱っている医薬部外品よりも高い効き目が期待できます。

処方される薬は保険が適用されませんので市販薬より高価になってしまいますが効果の薄い育毛剤を長く使い続けるよりは結果が出ます。

そして、薬だけに頼ることなく日常生活でも頭皮ケアをすると一段と効果がアップするのでおすすめです。

規則正しい生活を意識し、食生活では脂っこいものや刺激物を控えるのが良いでしょう。

薄毛・抜け毛にお悩みの方は、まずAGA治療は病院で診察してもらい治療薬を処方してもらうことが大切です。

保険適用外ですので、全額実費となりますが市販されている薬よりはるかに効き目があります。

でも、プロペシアは副作用が心配で...という人にはミノキシジルという薬もAGA治療には有効ですから、そちらを使うのも良いでしょう。

ミノキシジルもAGA診療ガイドラインで認められていますので信用していい薬と言えるでしょう。

ミノキシジルには頭皮に塗布する外用と服用する内服薬がありますが、国内でAGA治療に認められているのは塗り薬の方だけとなっています。

AGA治療を始めたいと考えているけど何科なのか分からないという人もいると思います。

AGA治療は基本は投薬治療ですからプロペシアを処方してもらうのなら内科か皮膚科になります。

しかし、病院によってはプロペシアの処方を行っていないところもあるので受診の前に確認したほうが良いと思います。

又、一般病院のお医者さんというは、薄毛治療が専門というわけではないのでAGA専門の病院へ行った方が間違いはありません。

参考:【AGA遺伝子検査キット】同封書類の確認と内容の解説

中にはより薄毛に効果が出やすいように独自調合しているクリニックやメソセラピー治療も受けられたりもするので、専門クリニックの受診がお勧めです。

AGA治療に励むのであれば毎日の食生活にも気を付ける必要があります。

毎日忙しいからと言ってファストフードやコンビニ弁当では脂質を摂り過ぎてしまったり塩分過多による血行不良の恐れも。

日頃から髪の素となるタンパク質やビタミンを多く摂取するようにし亜鉛もしっかり摂って抜け毛や白髪の予防に努めましょう。

タンパク質はタマゴや乳製品などに多く含まれていて亜鉛はレバーに多く含まれています。

緑茶に含まれるカテキンは血圧の上昇を抑えてくれるばかりでなくリラックスさせてくれる効果もあるのでストレスの軽減にも有効です。

AGAは遺伝による要因が大きいので根本治癒することはありません。

AGAになるかならないかは引き継いだ遺伝子によって変わるので遺伝子治療をしない限りはAGAは完治しません。

従って、AGA治療を中断すると抜毛や薄毛は復活してしまうのです。

そうは言っても、AGA治療で使われるプロペシアやミノキシジルも医薬品なので副作用の心配がありますから、一生使い続けるのは危険です。

飲み薬であるプロペシアは男性ホルモンを抑える薬ですから結婚などのタイミングがやめどきかもしれません。

ネットでAGAの治療方法について検索すると画像付きの経過報告をしているブログやSNSを見つけることができますよね。

多くの場合で、治療を始めてからから3ヶ月程度で効果が出始めるようで、定期的に経過写真を見せてくれるので成果のほどがよくわかります。

中にはヤラセや都市伝説みたいなサイトもありますが経過のほかにも、費用や使用している薬なども紹介してくれるサイトがあるのでとても参考になります。

AGA治療を開始すると初期脱毛など特有の症状が副作用として現れる場合があるので、体験談が記載されていると、これから自分の身に降りかかるかもしれないことなので心強いですね。

AGA治療に関するサイトは、特にアクセス数が多いみたいですからそれだけ薄毛に悩んでいる男性が多いという事かもしれません。

AGA治療で有効とされるフィナステリドやプロペシアには初期脱毛(副作用の1つ)を誘発する場合があります。

薄毛を直したくて治療しているのに毛が抜けるというのは薬が合っていないのではないかと不安になってしまいますね。

しかし、初期脱毛を発症するという事は薬効がではじめたという事なので心配しなくても大丈夫です。

初期脱毛で抜ける毛というは細く弱い不健康な髪の毛のためそれらが抜けた後、健康で丈夫な毛が生えてきます。

初期脱毛は治療を開始してから1、2ヶ月期間と発症すると言われミノキシジルを使用した場合でも一旦不健康な毛が抜け落ちるという副作用が起こります。

AGA治療ではプロペシアという内服薬やミノキシジルが配合された塗り薬があります。

プロペシアは医薬品なので病院で処方箋をもらわないと手に入れることができません。

ミノキシジル配合の育毛剤は医薬品ではないので病院へ行かなくても買う事ができます。

ミノキシジルには内服薬もありますが国内でAGA治療に認可されているのは塗り薬だけです。

ミノキシジル内服薬は個人輸入が可能ですが偽物を掴ませられる可能性がありますのでお勧めできません。

AGA治療のCMに起用された最初の芸能人は爆問のお二人でした。

「お医者さんに相談だ~」という歌は薄毛の暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

このCMによってAGAのイメージが改善されたおかげでAGA治療も一般的になりAGA治療を行っていると言っている芸能人の方も多くいらっしゃいます。

俳優さんやロックシンガーの方が育毛剤などのCMに起用されることも増え、AGA治療に踏み出しやすくなったと思います。

最近ではフサフサな芸能人がCMに起用されているので違和感がありますが薄毛の人が起用されると、効果を疑ってしまうのかもしれませんね。